2020年01月13日

安倍退陣要求デモより

12日に新宿で安倍総理の退陣を求めるデモが
あったとの報道。
香港や韓国の動きと比較するとまだまだ
という感じだが、少しずつ、自ら行動して
訴えるという参加者が増えてきているのがいい。
「戦争に加担するな」「改憲を止める」
「安倍はやめろ」………
しかし、効果は薄いだろうと思う.

責任を果たすと言いながら無責任、
公文書の改竄・隠ぺいでしらを切り、
国会論戦も話のはぐらかしだけの
そんな安倍総理を相手にするより
私は、より具体的な方針で、要求に応じて
政府に、それぞれの行政機関に出向いて
直接働きかけるべきだと思う。

響かない人を相手にするより、まだ良識ある
行政機関を動かすように運動する方が
より効果があると思う。

・東京地検特捜部に、公平に捜査・逮捕を
するように野党議員が結集して要求に行くとか、
(シュレッターを見に行くよりいい)
・報道機関やネット、大学生などが音頭を取って
桜を見る会参加者に名乗りを上げてもらったり
写真や聞き取りなどをして情報を集め、
名簿をどこまで復元できるかのプロジェクトを
公開で行うとか(わずか1万8千人分だ)
・「改憲を止める」より憲法を守れと運動し、
「法を守れ」と法務省に、公職選挙法違反を
取り締まれ、逮捕中止命令を出した者を処罰せよ
と要求する。
権力の私物化をする首相を放置するなら
次回の選挙で、国民の「選挙無効」って書いて
投票する運動を展開するぞと訴えるとかする。
・財務省に、大企業や高所得者の税を増やし
所得の再分配をして平等な社会を求めよう。
等々、

ただ単に、思い思いに不満を訴えて
安倍退陣を連呼しデモしても
首相には何を言っても馬耳東風だ。

香港のデモで、長期にわたり
きちんと5つの民主化要求を出しても
難しいのだから、
今、日本で新たに政治い要求をするのに
より効果的で具体的な方法を生み出して欲しい。
スウェーデンのグレタさんの言葉と行動力は
大きなヒントであり、勇気を与えてくれている。

より効果的・具体的な行動で政治を
国民主体のものに変えていこう。


ラベル:デモ 政治
posted by 風太郎 at 00:01| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: